私服で仕事の男性が一番注意しなければならないポイントとは?

私服で仕事の男性にオススメの全身コーデをみてみる

 

 

街を歩くと、芸能人やモデルがテレビやSNSで着飾っているのを、一般人がそっくりそのまま真似をしているファッションを良く見かけますが、その姿はどこか不恰好で服に着られている感が否めませんので私服で仕事の男性は要注意です。1若い世代や学生さんならば、そんなとんちんかんな格好をしていても、まだまだお洒落初心者なんだな?と優しい目で見れますが、私服で仕事の男性となると話は変わってきます。社会に出て働いてるならもう良い大人。芸能人やモデルの真似事では無く、気品や知性を感じさせるコーディネートが自然と求められます。奇抜なスタイリングや、目立った小物、色遣いやサイズ感など、自分を良く分かった上で似合う物、合っている物を身につけている男性が魅力的です。最近の流行りとして「あえてハズす」と言うのが見受けられますが、私服で仕事の男性がこちらを勘違いしているとどうもダサいファッションになりがちです。

 

トップスにフォーマルなジャケットを持ってきているのに「あえて」足元はスニーカー、だったり、トラディショナルなセットアップなのに「あえて」ニット帽やつば広帽子をかぶってみたり、サンダルの上に「あえて」ソックスを履いてみたり、、など、挙げてしまえばキリが無いほど、どこか雑誌の外国人モデルやコレクションモデルがしてみたコーディネートを、私服で仕事の男性が職場でしてしまった悪い例がちらほらと見受けられます。メディアはメディアのファッションがあります。魅せるファッションですから、奇抜なのは当たり前。普遍的では画面映えもしませんので、あの手この手を使って目立つスタイリングを提案してきます。しかし私服で仕事の男性が着るにはどうでしょう?やはり、自分の身の丈にあったシンプルなスタイルが一番好感が持てます。年齢に無理が無い程度の若々しさも保ち、清潔感と上品さを持った洋服を選べば、自ずと誰からも好印象を持たれるファッションが楽しめるはずです。

 

 

飽きない着回しで毎日の私服を楽しく着こなすならココ!